自信に満ちた男性とプリリジーのロゴ

飲む早漏治療薬プリリジーの詳細

飲む早漏治療薬のプリリジーはSSRIの副作用を利用して射精の時間を長くするタイプの薬で短期作用型のセロトニン再取り込み阻害薬に分類されていて、早漏の改善効果に関してはプラセボなどの大規模な検証によって証明されています。プリリジーは早漏治療においては世界の60カ国以上で認可されていて、現在では数百万人の早漏患者に服用されています。プリリジーはもともとうつ病やパニック障害のために処方されていた薬から作られているので、安全性が確立されているので重篤な副作用等はありません。日本国内では現在でも認可されていないので、自由診療として全額負担する必要があります。医療機関で早漏治療をすると直接プリリジーを輸入して処方しているので確実に本物の薬を手に入れることができますが、個人輸入でジェネリック医薬品を手に入れる場合には偽物のリスクもあるので、信頼できる業者から購入しなければなりません。プリリジーは性行為をする1時間前に服用する必要がありますが、90分前の服用が理想的とされていて、内服をすると早漏を改善することで、射精までの時間を2分程度延長するのでパートナーとの性行為の満足度を上昇させることができます。早漏患者の射精までの平均時間は50秒程度ですが、プリリジーを服用すると2分以上維持することができるので、プラセボを服用した場合よりも効果が実感できます。注意点としては精神科や心療内科などでSSRIの薬を処方されている場合には作用が同じなので副作用が出やすくなるので、同じSSRIの薬を服用している場合にはプリリジーを服用することはできません。勃起治療薬との併用に関しては作用が重複しないので同時に服用しても問題はありません。

プリリジーの臨床試験による効果測定

プリリジーの臨床試験による効果測定によるとセックスの時に一時的に服用すると改善する確率が3割程度ですが、24週間服用を継続すると7割以上の患者が効果を実感します。プリリジーの服用をすると射精の時間が長くなりますが、プラセボと比べると1.5倍から2倍程度効果が高まります。プリリジーはSSRIの副作用を応用して開発された薬なので早漏治療薬として唯一認められた薬です。早漏には様々な原因がありますが、心因性のものはSSRIが効果的に作用するのでプリリジーを服用すると緊張や不安を緩和して正常なセックスができるようになります。プリリジーを服用すると射精までの時間を長くすることができますが、健康な人が服用すると射精が長くなるので勃起を維持するのが難しくなるので、医師の指導に従って服用しなければなりません。またSSRIは長く服用を続けることで効果が高まるので、根本的に改善するためには毎日服用しなければなりませんが、この薬は価格が高いのでジェネリック医薬品で代用することもできるので、医師に相談をしてジェネリック医薬品の処方を受けることもできます。SSRIは本来はうつ病やパニック障害の治療に利用されている薬なので血中濃度が安定しないと効果が持続しませんが、早漏の場合は一時的に射精時間を長くするだけなので長期間の服用の必要はありません。プリリジーを24週間以上服用すると不安や緊張を抑制して、さらに射精時間を長くできるので、心因性の早漏を効果的に改善することができます。また勃起治療薬と同時に服用すると勃起を維持しながら長時間のセックスができるので、健康的な男性が服用する場合もありますが、安全性の高い薬なので飲み合わせなどの問題はありません。

プリリジーの副作用とデメリットについて

PE治療薬のプリリジーには、その名前の通り、男性の早漏を未然に予防する働きがあります。性行為の少し前のタイミングに服用すれば、1分以下で射精していた男性が、2分から3分以上にわたり、挿入が楽しめる体質になりました。プリリジーには精液を出すまでの時間間隔を引き延ばす効果があり、体質によって程度に誤差は見られるものの、服用者の多くがコンプレックスの改善に成功しています。しかし、プリリジーにもED治療薬のように副作用がありますので、事前に分かった上で飲まなければいけません。副作用として存在しているのが、下痢症状や吐き気、たちくらみ、頭の痛みです。個人差が大きい部分であり、プリリジーを服用しても全然違和感を覚えない男性がいる一方で、激しい便意に悩まされた人もいます。基本的にプリリジーの副作用は軽度であり、重く考える必要はありませんが、初めて飲むときは、外出先ではなく、プライベートな場所を選択しましょう。そうすれば、最悪下痢や吐き気が生じても、自分の部屋なら柔軟な対応が取れます。そして最後にプリリジーのデメリットですが、継続に服用しなければ射精時間が効率的に延長させられません。継続的に使う事でプリリジーの効果は高まっていき、勃起を維持出来る時間が3倍、4倍と成長します。そのため一回使って終わり、では効率的にプリリジーのポテンシャルが引き出せません。お薬を日常的に服用するためには、当たり前ですがお薬代が求められます。PE治療薬は役割と成分が特別であり、一箱あたり一万円以上します。医薬品そのもののデメリットではありませんが、試しに飲むだけでも、なかなかのコストが掛かるため、ちょっと庶民には敷居が高い治療薬かもしれません。
■お気軽に相談しましょう
港区で早漏を治したい
■プリリジー以外にもある早漏治療薬
スーパーPフォース
タダポックス